中古物件で、一戸建てを検討中です。
家相学において、購入者の私が震宅、他家族は艮宅、兌宅なのです。
北西向きのお玄関で、南東勝手口でそこからガレージへ続くようになっているお家に悩んでいます。

北西向きのお玄関が私に凶方位となるか、悩んでいます。或いは、風水によって凶方位とならない方法がありますでしょうか?
又、他にニ方道路ですが、出入口が北西のみの物件もあり、方位について気になります。
よろしければ、ご教授お願い致します。

閲覧数:
10
 
回答数:
0

アバター

sinnfonia4869さん

風水の本を読んでの質問だと思います。直接の回答にはなりませんが意見を書きます。玄関は気学(家相)では東か東南しかないとされます。風水は諸派あるようですが代表的な考えでは八宅風水と言われ本命卦による間取り説で寝室、玄関、水回り等の置き場所が本命卦によって皆違います。例えば乾の人には南が絶命、北が六殺になります。
私の親兄弟は本命卦が皆違います。本命卦で理想の家の間取りは皆違うのです。私の親の世代となると子どもが7〜8人くらいはざらにいました。例えば本命卦による説では坤の人は北西玄関が吉と書いてありますが他の本命卦ではそれは凶相となる人が多いのです(離の人は玄関は破産や親子不和、巽の人はトラブルになる等)。家はそもそも家族で住むものなのに本命卦によって玄関や水回りや寝室の置ける方角が皆違うというのは矛盾しています。つまり論理的に一人で生まれて子ども時代から一人で住むことなど不可能で、しかも一生独身で住むことは通常ありませんから現実に合わず、ほぼ実現不可能な理論だと思います。
更に艮の人に東北玄関は吉とされていますが東北玄関は万人に凶相です。私の見聞では艮の人にはほかの人よりも更に凶相となります。関節がはずれる、精神が弱るなどの作用が起きます。腰や頸椎がずれる、境目を巡って争う等の作用が他の本命卦の人よりも強く作用するので大変凶相となり実行してはいけない間取りです。
以下東北の玄関の作用です。
健康に良くない 兄弟、親戚助け合うことが少ない 子どもは記憶や判断が悪い 跡継ぎの子に運がなく頭も悪く病弱で意欲がない 早死にする 貸し倒れあり 関節 脊髄 腰 耳 鼻が悪くなる 肘がはずれる 関節が曲がりにくい 心臓の対になった二つの弁が機能しなくなるか弁同士にずれが出るので心臓の能力が落ちる 高齢になると心臓の弁の悪化で死亡する 左足の骨折をしたり関節が悪化する 背骨が曲がるかずれる 首を打ち頸椎がずれる すべったり高い所から落ちて関節を痛めるか骨折する 男子は言葉に力がない 明るさに欠ける 他人に反抗できない いじめを受けやすい 不眠症になる 精神が弱り鬱病等になりやすく最悪の場合精神科に入院するか自殺する 眠れなくなる 正常な判断ができず犯罪を起こす 様々な判断に迷い続け自分で決められなくなる 財運(不動産運)がない 財産を継ぐ問題でもめる 仕事でも芸事等でも跡継ぎ問題でもめる 艮(八白土星)の人の運勢と健康に良くない 丑と寅の人の健康に良くない
上記の様に気学では本命の方角の玄関は凶相とされます。よって本命卦で間取りを割り振る風水の説は避けるべきだと考えます。
また、質問の北西玄関は万人の凶相です。以下その作用です。
玄関の凶相作用
玄関は凶相作用が強いのでそもそも母屋には置かないほうが良いのです。玄関は壁がない状態になります。ある場所に壁がないと形のバランスがくずれ凶相作用が起きます。しかも玄関は土間があり床から下がっているので、そこは欠けと似た作用が起きるのです。だから玄関は凶相作用が強いのです。
母屋に置くなら置けるのは東か東南だけです。玄関を東南に張りの形で作り、土間を母屋の長方形の形に食い込まないように作れば凶相はありません。
北西の玄関
主人は健康面で不調で能力を発揮できない 家に落ち着かず他に妾宅を構え、その家に女児が生まれる もし家に主人が常に居れば早死にする 主人は根気がなく創造性がなく善悪判断ができない 家族に愛情が乏しい 
主人は権威がなく家族からも従業員からも見下げられる 従業員に闘争力がない 勤め人は上司に恵まれない し出世できない 上司に疎まれる 家族全員交通事故に会いやすい スポーツや株取引、囲碁、将棋等勝負事に勝てない 企業や大学等の団体の建物がこの家相ならオリンピック等大事な試合で勝てない 骨折しやすい 頭を打つ 頭がすっきりせず能力を発揮できない 胸や肺を痛める 血圧が悪くなる 神仏の加護がない 大事な事で失敗するので宗教に頼るようになるが上手くいかないので宗教を替える 官公庁との関係が悪化する 公に奉仕する精神が足りない 選挙に出ると勝てない 高級品を扱うと失敗する 自動車等精密機械に失敗が多く良い製品が作れない
風水の本特にインテリア風水の本に書いてある色や形や物による「化殺」つまりそれらによる凶相の解消という考えですが、凶相の解消は色や形や物の配当ではできないと考えます。色や形や物の配当は「風が吹けば桶屋が儲かる」というくらいあてにならない話です。そもそも化殺?のために例えば風水で良く勧められる観葉植物等を置くとしても、それは五行で木なのか土なのか水なのか明確な区別は困難です。つまり植物を室内に置けば植物は木としても鉢は土(陶器の鉢は土が材料、鉢の中には土を入れるが土は五行の土でもある)とも取れるし、水を撒くので水を置くとも言えます。化殺したつもりがかえって凶相を強める事も考えられるのです。また、風水の本では「水が必要な方角には水玉模様の絵を置け」と書いてあります。しかし、その絵の枠は木でできているし絵は通常紙の上に書きますから、紙は木とも解釈できるでしょう。つまり水を置いて水の五行を強化したつもりが木を強化するとも言えるので五行による化殺説が正しいと仮定すれば本命卦によっては逆効果になる人が出てくる場合があるのです。私は人が作り出した屋内の雑多な物を五行で完全に分ける事は極めて個人的な主観が入り各人まちまちとなり曖昧で正確な判断は不可能に近いと考えます。実際に過去の知恵袋上の回答では同じ品物が人によって五行上の種類の解釈がばらばらです。こんな曖昧な説を信じて室内や屋外の様々な物の置き場所を決めていたら最後は気が変になってしまうでしょう。また、屋内の特定の方角にその五行の物しか置けないので生活も極めて不便になり事実上生活は困難になります。