先週の酷暑が一段落し、ようやく北海道らしいカラッとした暑さになった。夕暮れ時に外に出ると、心地良い涼しさが前身を包み、心身ともに健やかになる気がする。世間様はもう夏休みの時期なのだろうか。本州はタヒぬほど暑いだろうに、高校野球に参加しているヒトは大変そうだ。球児のみならず、応援や観戦しているヒトも相当しんどかろう。何故この暑い盛りの時期に・・・という気持ちも分かる。というか、高校野球は専門チャンネルとか拵えて、そっちでやって欲しい。野球に興味が無いおっさんには毎日の中継がツラすぎる。

今日は冷コーを啜りながら、長崎平和祈念式典を観ているのだが、原爆もこの暑い盛りに落とされたのだよなぁ。先日、Nスペ「きのこ雲の下で何が起きていたのか」を観たが、初めて明かされる情報ばかりで、それはもう壮絶な内容だった。

ときに、Windows 7から10への移行開始日からもう10日経ったワケだが、通知が来る気配は無いし、公式にそれについてアナウンスも無い。MSさんはフィードバックかなにかで、俺のPCが低スペだと判断し、後回しにしているのだと、そう勝手に邪推している。なにやら手動でアップグレードする事もできるらしいのだが、ここまで来たら、正規に順番が回ってくるまで待ってみたいところだ。数週間、或いは一ヶ月以上先になるかも知れないが、正直なところ、俺のバンザイ・アップグレード熱は冷め始めており、もはやどうでもいいと言えばどうでもいい。おそらく使い勝手の良さよりも、不具合に見舞われる可能性の方が高いだろうし、そもそもこのPCがあとどれだけ持つのかも分からないから、移行した途端に臨終されるかも知れない。HDDが真っ先にイキそうだから、先日来、検討しているSSDへの換装を早期に行いたい。