http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ13HZY_T10C17A4MM8000/

 小売り大手が宅配網のてこ入れに乗り出す。セブン―イレブン・ジャパンはセイノーホールディングス(HD)と提携。セイノーHDがコンビニエンスストアに配達員を送り、宅配を代行する。ニトリホールディングスは家具を運ぶ提携運送会社向けにトラックを割安に貸し出す。流通業の代表企業が物流の末端まで支援しなければならないほど人手不足が深刻化している。
(リンク先に続きあり)

2017/4/14 2:01

コメント一覧
おるかー
よし!おるな!
人手不足だけど人手に金は払いたくないんだろ

ばかじゃねえの
ここやでここ
>>2
終わらすな
西濃運輸と福山通運を配送業者にしている通販店では絶対に買い物しないわw
人手不足と言うがコンビニの場合は店舗を増やしすぎだろ
だから運ちゃんの給料あげろよ
アマゾンが完全個人商店タイプの拠点作りに乗り出す
提供するのはソリューションだけ